適当に忘れるのが秘訣って?

リモートレッスンで、お人形を作りました。

ひねるだけってこともないので、丸い風船も使います。


お雛祭りにも応用が効くし、

入園・入学シーズンに、受付に飾ったり、

新1年生にプレゼントしたりと、重宝するバルーンドールです。


初めての方も作りやすい方法から、習って3年目で「やっとできたわ」と言うぐらいの難しいテクニックを使ったり、参加する方のレベルを見ながら、少しずつ変更しています。


大体の作り方は覚えていても、細部に関しては、ちょっと、、、

それは誰もが同じです。

1回作って、忘れて、作って忘れて、、、翌年また作って、忘れて、、、、

「適当に忘れてください。

 忘れたところは、いつでもラインで

 質問してください」

とお伝えしています。


忘れることも大事で、その度に思い出したり、確認したり、人に聞いたり。

その時に頭の中で、バチバチ回路が繋がっていいんよね。


私が大切にしてるのは「いつでも聞いて大丈夫やわ」という信頼関係作り。

「聞いたら、笑われるかな、怒られるかな、、、」なんて習ってる意味ないやん。

と思う訳です。


私も最近は会ったかな?初めてかな?と思ったら、

「あった?初めて?」と聞くようにしています。

もう最近どこであったかも思い出せんのでね〜、聞く方が早いし確実やもん。

毎回新鮮な気持ちで会う、

毎回新鮮な気持ちで風船で作る。

そう言うのもいいんじゃないかと思います。


ま、これも適当に忘れてください。




0コメント

  • 1000 / 1000

P-PROJECT

体験・学び・経験【未来の思い出仕掛け人】 面白い思い出を持って未来へ!