同じ風船なのに、なぜか個性が出る!

みんな同じ材料、同じ作り方なのに、

どうしてこんなにも個性が出るんだろ!?


バルーンアートって、習ってどうするんですか?と疑問に聞かれる方がいます。

なぜ習ってるんでしょう?

・お子さん・お孫さんとの遊びに

・地域のボランティアで重宝される

・お仕事でお客さんとのコミュニケーションに役立つ

・ビジネスで風船をしたい

と様々な思いを持って、習いに来られます。

ボランティアだから、この程度でいいかとか、

ビジネスだからもっと厳しくとか、そういうのはあまりなくて、

基礎的な風船の扱い方を中心に講座を進めています。


ですので、基礎だけ習ってあとは独学でされる方もいますし、

引き続き教室で季節のバルーンアートやもっと難しい作品にチャレンジされます。


基礎的なことをやってるうちに、自分がやりたいものが固まってくることもあるので、

まずは一歩、前に進むことが大切です。


まず一歩、ご自身のやりたいことを初めてみましょう。


まずは体験から。

グループでの受講や出張教室、イベントいついては、こちらのフォームからお問い合わせください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdW2Ebsfz3QHpVMqNtFoJIHugKN_IgXvIrsceCI_DumIJhTYw/viewform?usp=sf_link

P-PROJECT

体験・学び・経験【未来の思い出仕掛け人】 面白い思い出と未来へ!

0コメント

  • 1000 / 1000